FC2ブログ
 
ディメンションゼロ,ラクロジなどなど、現在ハマってるTCGをあれこれ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

DM:ふぇるナイト

さて、今回もデッキ紹介。
所謂ナイトデッキ。
《ロマノフ》は高いので
お手ごろ価格でそれなりに強い
というか、個人的にはすごく強いと思ってます
《フェル》様のデッキです。


クリーチャー 18
2*《天雷の導士アヴァラルド公》
3*《蒼狼の始祖アマテラス》
4*《魔光ドラム・トレボール》
2*《魔光帝フェルナンドVII世》

4*《魔光騎聖
ブラッディ・シャドウ》
3*《魔光死聖
グレゴリアス》

呪文 22
2*《魔弾グローリー・ゲート》
1*《ダイヤモンド・ソード》
2*《バリアント・スパーク》

2*《スパイラル・ゲート》 
1*《サイバー・ブレイン》 
2*《魔弾オープン・ブレイン》 
2*《魔弾ストリーム・サークル》
 
2*《魔弾ソウル・キャッチャー》 
2*《魔弾デュアル・ザンジバル》 
3*《魔弾バレット・バイス》 
2*《怨念集結》 
1*《ロスト・ソウル》



はじめに
せっかく手に入れた《フェル》様を
かっこよく使い奉るデッキです。

なるべく呪文をたくさん投入し
召還しやすいようにしてます。
ここで、《ザールフェルド》
連続的に呪文を打て、どんどこ墓地を肥やしてくれるので
それなりに期待していたんですが
思ったよりも出しづらいのでクビに(


デッキの動き
理想は《トレボール》スタート
でなければか《シャドウ》でスタートし
軽量呪文でドローや除去,ハンデスを絡めて
場や状況を制圧していきます。
隙あれば《フェル》様を出して場を完全に制圧し勝つる
まぁ、オーソドックスなコントロールな感じですね。

ぶっちゃけカードキングダム様の
「よくばらナイト」を基本としてます。


採用した呪文
状況にあった呪文を持ってこれるということで
汎用性ありすぎる《アマテラス》を使いやすい採用枠としました。

まず魔弾シリーズ
《トレボール》からの流れも強い《バレット・バイス》
連発できる軽さとのハンデスが魅力的。

除去ではウィニー殺しの《ザンジバル》
最近はパワーのインフレが大きく、若干頼りないけど
眠りしゴッドや《ロードリエス》などをサクっと殺せる点においては採用するに値します。

ドロソは構築から参入しました白いドロー《グローリー・ゲート》
KM状況では《エナライ》の上位互換となり
状況にあったナイトを釣ってこれる程度の能力。

墓地のエンジンとして動く《キャッチャー》
《グレゴリアス》でのループはもちろんのこと
最軽量となった《フェル》様を釣れば、実質2コストの《ゲート》と化す程度の能力。

《アマテラス》とはシナジーが合いませんが
ドロソとして圧倒的な回復力をもつ《オープン・ブレイン》
除去やcip再利用など汎用性の高い《ストリーム・サークル》
これは絶対に抜けませんね。 


そして軽量呪文
除去では、まずコスト計算がおかしい《スパゲ》
使いどころが難しいのですが、うまく使えばごっそりアドとれる程度の能力。
また、墓地が肥えやすい事,《アマテラス》圏内であることから
もつれるほど確除に近づく《怨念集結》
やっぱり強かった。
そして《PG》対策の《バリアント・スパーク》
まぁ、殿堂適用後は1枚でもいいかも。

もう一つの決め手としての《ダイヤモンド・ソード》
特にG0によるブロッカーが並びやすいので
制圧しているときにアタッカーより多い場合が多々あり
なればアタッカーにしてしまえと。
《アマテラス》
で好きに持ってこれるので1枚で充分。
銀弾として優秀な1枚です。

そして殿堂よろしくの最強ドロソ《サイバー・ブレイン》
KMなくても3枚ドローとか、ばかなの?しぬの?
もちろん《アマテラス》で持ってこれるとか
おいやめろ馬鹿このDMは早くも終了ですね。


そのほか採用枠について
やはりというべきか、《アルカ夫妻》対策ですね。
ぶっちゃけ《クイーン》で詰むので、《PG》よりも優先的に対策するべきですね^^;

まぁ、一般的に対策といわれているのをのぞいたらば
《リアデス》ですかね。
進化元がいなければ4コストの確除になるし
《アマテラス》圏内だし、検討に値しますね。

《ロスソ》
が飛びぬけていまずが
まぁ、やはりコントロール対策というか、お守りというか。
個人的には《レインボー・アロー》も採用圏内です笑

ナイトの真骨頂は呪文の優秀さですが
回収のしやすさにも秀でています。
これにより相手に追い討ちをかけたり
アドを取りつづけることが可能なんですね。
なので、《デバウラ》があれば
《グレゴリアス》と2:2で入れたいなぁと。
まぁ、枠がないんですけどね。


アタッカーの数について
普通に殴れる獣は11枚しかなく
《薔薇城》1枚張られると、5体しか殴れなくなります。
というように、獣が少ないのは百も承知なので
そこでの保険をかねての《ソード》だったり
《フェル》様だったりします。


まとめ
《アマテラス》
が強かった。
まさかここまでとは。

《トレボール》
《フランツ》による擬似ブーストも
弱いわけがないのですが
コスト踏み倒しにはかないませんでしたね。
ナイトなのでKMは確実に発動しますし
さらに、銀弾をよろしいタイミングで好きに使えるとか。
《ソード》を使えば擬似SA。
ビートダウンもこなすなんて
さすがナイトは格が違う。

ただ、やはりこの子たちだけでは心もとないので
《フェル》様は必要と考えます。
ほぼ確除搭載のフィニッシャーが
最軽量1コストででてくるわけで。
採用するに値します。


こんな感じで、序盤のナイト展開から
ドローや除去,ハンデスを入れながら制圧し
《ソード》での一斉攻撃や
《フェル》様を据えた獣支配で
圧倒していこうというデッキでした。


    21:15 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
カレンダー
 
 
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
プロフィール
 
 

未星 彦

Author:未星 彦
name:ひつじぼし ひこ
sex :♂
tcg :・ディメンション・ゼロ
    ・ラクエンロジック
    ・遊戯王
    ・ゼノカード

 
 
メールフォーム
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
デッキ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。