ディメンションゼロ,ラクロジなどなど、現在ハマってるTCGをあれこれ 

DM:ドリーム・ストライカー

コアラビート,またの名を白ドリメ。
それとWSを組み合わせたビートダウンデッキ。

すっげぇ安く作れてかなり強い。
と、思われる。
相手が除去コンでない限り
わらわら増えて、どんどんでっかくなっていく。

ボードに触れないデッキではマジで止まらない
そんなデッキ。

09.12/19 変更

 
クリーチャー 30
4*《予言者ラメール》
3*《堅防の使徒アースラ》
1*《星雲の精霊キルスティン》

4*《アラーム・ラディッシュ》
4*《マッチョ・メロン》 
3*《ニンジャ・パンプキン》
2*《森の指揮官コアラ大佐》 
3*《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》
 
3*《炎舞闘士サピエント・アーク》
2*《炎神兵ゴリアック》 
1*《スカイフレーム・リザード》


呪文 10
2*《スーパー・スパーク》

2*《ディメンジョン・ゲート》

1*《獅子幻獣砲》 
2*《地獄スクラッパー》

2*《神秘と創造の石碑》 
1*《雷撃と火炎の城塞》


安く作れる白ドリメからの派生と
大きな変更から生まれた
突然変異的デッキ。


選抜WS
《ラメール》《ラディッシュ》《アーク》の必須に加え
条件付アンブロッカブルの《パンプキン》
ブロッカーになる《アースラ》
5000火力は魅力の《ゴリアック》
そしてWSの親玉の《キルスティン》
趣味満載な感じの選抜。

《マッチョメロン》
なんてブサイクは
本当のところ入れたくありません(´・ω・`)
でも展開力が違うの…

総WS数25体。半分以上ガがWSで
その中で8体が2コストということだし
事故ることも少ないんじゃね?


ブロッカー対策
まっすぐなビートなんで
もちろん目先の天敵はブロッカー。
重いけどそれなりに活躍してくれるのではと《スカイフレーム》
5000までの火力を飛ばせる《ゴリアック》

しかし、最近はアンブロッカブルのが強いと覚え聞くので
自然と5000未満アンブロッカブルの《パンプキン》
色的にも《ハックルキリンソーヤ》
勝手にでかくなっていくWSだからこそ、もの凄く相性のいい獣。
基本的にいるだけで、なるたけ除去られないようにしたい。


システム対策
最近のパワーのインフレのおかげで
今までの対策はほぼ使えないわさ。
ということで、無理に入れない方向で。
ここで《ゴリアック》なんかが活躍してくれるとうれしい。
あと《アーク》


展開するためには
もちろん《ラディッシュ》エンジンが強い。
わらわらとWSがマナから産むことができる。

ただ、引かなかったときはどうするか。
そんなときの保険の《ディメンジョン・ゲート》
あるのと無いのとでは、えらい違いでの展開力を手に。

さらに、WSのためにあるかのようなカード
《神秘と創造の石碑》
ターン中に召還した獣と同名のカードを
デッキから場に出せる一応コスト踏み倒し。

種を正規のコストで召還するため、実質3+Xのマナコスト。
それでも強いことには変わりない。
実際揃わなければ始まらないのがWSなので、いくらでも払うぜ。

ま、《キルスティン》召還を念頭に入れているから
使いづらさは多少なりともあるけど
難しいほどではない。


作戦プランB
どうしようもなければそろえないまま
ビートしてけばいいじゃない。

《キリン》はもちろんのこと
びっくりドッキリで使える《コアラ大佐》
この子でどれくらい決め手になったか…


シノビの採用
今までシノビを入れてました。
《ハヤブサ》,《ライデン》,《カイト》
強いけどやはりハンドがきつかったり
そこまで使う機会がなかったのが事実。

そしてなによりも
WSの枠を圧縮するよりも
WSを濃く作った方が安定するわけで。


まとめ
WSのデッキなのだから主役を濃くしよう。
対策カードは程ほどに。
環境を見極めてそれなりに積もう。

あと、作戦プランBも立てれば
なお、デッキの幅が広がるかも?

しかし、現環境はそこまで強くないぜ!


    19:35 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
カレンダー
 
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
プロフィール
 
 

未星 彦

Author:未星 彦
name:ひつじぼし ひこ
sex :♂
tcg :・ディメンション・ゼロ
    ・ラクエンロジック
    ・遊戯王
    ・ゼノカード

 
 
メールフォーム
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
デッキ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
FC2カウンター