FC2ブログ
 
ディメンションゼロ,ラクロジなどなど、現在ハマってるTCGをあれこれ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ゼノカード:グノーシスデッキ

FC2のアクセス解析を見てみたらば
検索キーワードにて面白いものが。
それが「ゼノカード」でした。

知る人ぞ知る名作、ゼノギアスの続編(時代はゼノギアス以前)
ゼノサーガEP1のミニゲームにあるカードゲームなんですね。
当初私も、もの凄くはまりまして本編そっちのけでやってました笑

ちょっと久しぶりの「ゼノカード」というワードを見て
ちょっと嬉しくなったので、私が使っているデッキを紹介したいと思います。

バトル 21
3*《子供市民》
3*《女性市民》
3*《U-TIC兵》
3*《汎用レアリエン女》
2*《オーガー》
2*《ミノタウロス》
3*《ゴーレム》
2*《ガーゴイル》

イベント 15
1*《ミユキ通信》
3*《不意打ち》
3*《メリィ&シリィ》
2*《U.M.N.侵入》
3*《惑星消滅事件捜査》
2*《ゼータジストDX》
1*《謎の少女の歌声》

シチュエーション 4
2*《集合的無意識》
1*《領域シフト》
1*《事象変異》




はじめに
普通にグノーシスです。はい。
ゼノカードを全然知らない人のために簡単に説明すると
グノーシスというユニットは、属性:人を1~2枚破棄しないとプレイできません。
その分、HPやATK,能力などが強めに設定されています。
また、サポートも強く面白く設定されています。
が、ゲームの設定上、敵なので対策も強めに設定されていたりします。

サーガやってた当初はグノーシスが嫌いで
しかも、スーサイド気味なデッキとなるため、デメリットしか見てなく避けてました。
それからしばらくして、実際のTCGをやるようになってから見てみると
面白いカード目白押し。

見える!アドバンテージが光って見える!
そんな感じでやってました。


採用バトルについて

バトルカードとはつまりクリーチャー,ユニット,モンスターのことです。
属性は人,機(ロボ),合(レアリエン=人造人間),不(グノーシス),謎,武器とあります。
それぞれに、プレイ条件,コスト,HP,ATKと能力が記載されています。

前述したとおり、グノーシスのプレイには人が必要となります。
ちなみにこれは、能力に破棄人枚数があるので効果によるものと思われます。
よって、人を多めにかつ、グノーシスで戦える枚数を考えなければなりません。
色々やった結果、人は9枚くらいでも大丈夫そう。
そして条件なしのやつがいいですね。

唯一レアリエンで《汎用型》が入っています。
能力は要するに《クゥリャン》です。
また、レアリエンは基本的に出撃に枚数制限がないので
《ゴーレム》の早期出撃にはもってこいなんですね。

グノーシスはそれぞれで面白く、色々入れたいのですが
条件が厳しかったりするので、精鋭たちを。

まず基本アタッカーの《ゴーレム》
HPも高めだったり、Lv10の連中を2回で殴り殺せる高さは評価できます。
また、人破棄も1枚と燃費は良いほう。
条件が人1無1なので、レアリエンと共に人がいれば
T2で出すことも可能。序盤からのATK3は大きいと思われ。

次にフィニッシャーその1の《ミノタウロス》
条件がやや厳しいのですが、人1枚破棄だけでHP10,ATK4は強い。
このカード1枚で押し切ることもしばしば。

そしてフィニッシャーその2の《ガーゴイル》
人2枚破棄と燃費が悪くまた条件が相当厳しいので
なかなか出しづらいのですが、スペックが高く
制圧力が代名詞的なお方なので、2枚は刺しておきたいカードですね。
ぶっちゃけこいつ出せば勝てるくらいの勢い。
相手もグノーシスの場合はわからんですがね。


採用イベントについて
要するにストラテジー,呪文,魔法なんかですね。
大体自イベントフェイズ,敵イベントフェイズに使います。

《不意打ち》は普通に強いかと。
大体HPが3程度のこのゲームで
0コスで2点のダメージを与えられるのは魅力的。
《ミノ》の一発を喰らっていれば、Lv10だろうと確除になるのですから。
また、《ミユキ通信》を使われたとしても、それはそれでおいしいですし。
なかなかにいやらしいカードと思われます。

このデッキは人を引かなければグノーシスを出せず
グノーシスを引かなければ人だけで戦えず
という危険性もあるので、デッキを回転させることも重要になります。
よって、2ドローの《メリシリ》とデッキ操作系の《惑星消滅》ですかね。
ただ、ドローだけでは間に合わないこともあるので
捨て札回収の《UMN》と、破棄した人回収の《ゼータジスト》ですね。
《UMN》は擬似ドロソとなるので、コストはある程度使っていきたいので
一応のシナジーとして《U-TIC》なんかも入っています。
戦闘破壊時にデメリットがありますが、グノーシスで食えば関係ないですしね。

《歌声》《ミユキ通信》は所謂イベントカウンターカード。
まぁ、大体のデッキに入るイベントなのでね。
ネピリムかわいいよネピリム。


採用シチュエーションについて
要するにベース,城,フィールド魔法ですかね。
場において、ターン制限の常在型だったり破棄での効果だったりします。

《集合的無意識》は常在型の《中央銀行》です。
が、グノーシスがいないとT3後に破棄されます。
これはもう強力なのは言うまでもないと思います。
グノーシスはギミック的に相性がよろしいと思われます。
ただ、能力が重複しないので、2投となってます。

《領域シフト》は結構オーバーキル気味な気もしますので
まぁ、他のカードでもいいかも。
デメリットも結構強いですしね。

《事象変異》は1枚あって良いカード。
相手シチュ破壊ですね。
ただ、シチュはあまり使ってこないので、腐ることもしばしば。


最後に…
序盤の《ゴーレム》との鬼ごっこで
グノーシスに対して軽いトラウマになったせいもあり
当初一切ノータッチだったグノーシスでしたが
使ってみたらば超つおい。
ストーリーも進めば、グノーシスとはなんぞやと
ある程度解けてくるので、また面白みがあったりします。

もし興味があったなら、本作品共に試してみてやってください(・∀・)

    17:20 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
カレンダー
 
 
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
 
プロフィール
 
 

未星 彦

Author:未星 彦
name:ひつじぼし ひこ
sex :♂
tcg :・ディメンション・ゼロ
    ・ラクエンロジック
    ・遊戯王
    ・ゼノカード

 
 
メールフォーム
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
デッキ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。