ディメンションゼロ,ラクロジなどなど、現在ハマってるTCGをあれこれ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

D0:黒白緑バット暴走

はいどうもひつじです。今回もデッキ紹介を。なんですが、構築レギュが345F形式ではないのでご了承ください。ぶっちゃけると除外リスト入りのカードを軸にしたデッキなので、なんとなーく見ていたでぇたらなぁと思います。


はじまりは新しいデッキを作ろうと考えていたときのこと。

「3rdのカード、よく知らない」

なので3rdのカードリストから調べてみようとなりました。連動,進撃,共鳴,合成,閃光…面白そうなキーワード能力がちらほら出てくるのは良いのですが、なかなか形になりません。というか割りに合わないのばかり… そんな中見つけたのが

《魔獣
暴走》

そう、聡明なる貴兄らであればご存知の通り、345F全最レギュでは除外リスト入りしているカードであります。発掘の嬉しさあまりレギュを確認しないという凡ミス。無限の時点でちょっと考えればわかるだろう! という遅いツッコみ。はい、その通りです…

そうとは気づかず考えに考えぬきようやっとできてかるく調整までしてしまったわけでして。このままお蔵入りするのももったいないので、記事にしてしまおうという形になりました。


黒白緑バット暴走


デッキ名: 黒白緑バット暴走
作成者: ひつじ
(デッキ作成サイトで見る)
禁呪合計: 10
メインデッキ
【ユニット】
3×《スキップするフェアリー》
3×《大巨人ダイダラ》
2×《洞魔イーズ・ギル》
2×《大巨人ウートガルザ・ロキ》
1×《大陸アルドのノーム》
3×《ブル・ショット》
1×《プラチナドラゴン》
3×《大巨人ユミル》
3×《洗脳組合バット・ファーザー》
1×《ドラゴンゾンビ》
【ベース】
3×《廃品造換装置》
3×《大地の塔》
2×《大地の緒》
2×《聖女の丘》
3×《ソーラービーム・サテライト》
【ストラテジー】
2×《囚われの貴婦人》
3×《魔獣暴走》




<さぁ、お前のエネの枚数を数えてみろ!>

《洗脳組合バット・ファーザー》

《大巨人ダイダラ》

《魔獣
暴走》

この三種類のカードがデッキの核ですね。それぞれの効果もおさらいしておきますかー

《洗脳組合バット・ファーザー》

クイック ユニット
使用:黒2無5 移動:黒1無2 スマ:2
このカードがリリースした時かスクエアを離れた時、あなたはこのカードの効果でスクエアに置かれたすべてのカードをゲームから取り除く。 [このカードをフリーズする] 《ノーマル》 このカードがスクエアにある場合、あなたは自分の墓地にある対象のユニットを1枚選び、このカードと隣接する自分のユニットのないバトルスペースの対象のスクエアにフリーズ状態で置く。 [黒1] 《クイック》このカードは、 次のあなたのリリースフェイズにリリースしない。



《大巨人ダイダラ》

クイック ユニット
使用:緑3無3 移動:緑1無2 スマ:2
補給(あなたがこのカードをプレイするコストを支払うにあたり、その使用コストに必要な無色エネルギーを、あなたのベーススペースのスクエアにあるベースの枚数1枚につき−1する。) このカードがスクエアから墓地に置かれた時、相手は自分のエネルギーゾーンにある対象のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。



《魔獣
暴走》
ノーマル ストラテジー
使用:白1緑2無2
バトルスペースのスクエアにあるすべてのあなたのユニットに、ターン終了時まで、以下の能力を与える。『[バトルスペースのスクエアにあるあなたのユニットかベーススペースのスクエアにあるあなたのベースを1枚選び、廃棄する] ≪ノーマル≫ あなたはこのカードをこのカードと隣接する自分のユニットのないバトルスペースの対象のスクエアにリリース状態で置く。』



つまり、《魔獣暴走》下にあると、自分のユニットかベースをサクればリリースできるよというもの。ノーマルタイミングの《融解》《キッショウ》になった感じですね。

《バット》効果[フリーズ] → 《ダイダラ》蘇生
《ダイダラ》サクって《バット》リリース
《ダイダラ》効果、相手はエネを1枚墓地に
以下ループ

これにより相手のエネ全部なくなります。《スパイク・ガールズ》《ギガンティック・スカルドラゴン》あたりでやると無限ハンデスもできますね。今回の構築には入ってませんけども笑

ちなみに構築の元ネタというか参考にしたのはあります。いつぞやの交流会で《幻影王ルドルフ》使った無限ランデスですね。当時は何がなんだかわからんウチに負けてしまったのですが笑 今でのできるかな? と、思った次第です。


<最初からクライマックス>

このデッキを作るにあたり、配色からまず悩みました笑い 《魔獣暴走》が白緑必要で緑濃い目、《バット》使うのであればそれに黒を足す形。なかなかしんどそうな配色。

【第一案 黒白緑ファッティ】
とりあえず必要な色から作っていこうじゃないかと思い、ファッティ的な何かにしてざっくり仮組みして叩き台。この時悪いクセが出ました。《ダイダラ》だけでなく、他のカードでも無限できないかとパーツを増やしてしまいまして。当然うまく動くわけもなく却下。

【第二案 ドロー&デッキ操作を追加】
引かなければ無理やり引くしかない! 要するに第一案に青を足した感じ。《銀行》、《チェイス》、《再改造》あたりかな。わかってはいたけど4色目がきつい苦笑 そも青入れる枠に、コンボ系入れた方よくない? と自分ツッコミして却下。

【第三案 黒青ティアブレ】
基本の動きを黒青コントロールとし、《バット》も普通にリアニユニットとして使おうじゃないかという試み。《コルヴィッツ》《シトリー》的な何かにしたかったのでしょう。ただ、それだけでは肝心の《魔獣暴走》が使えません。そこで登場するのが《蒼覇星ティアーブレイク》です。効果によりなんでも無0で使えるので、配色による使用制限は解決します。しかも、ギミックを生かすため、《銀行》《カルア酒場》などなどコンボパーツを集めるのにもってこいなベースも自然と入れられるんです! …なんですが、そのデッキを作るならば《プラヴァ》《ハーケン》あたりも当然入ってきますし、黒2出るなら《ランジン》でもいいわけで。そっちの方が強い~… となり却下。

【第四案 黒白緑ファッティ】
大分電波が飛び交っていったので落ち着こうと一旦黒白緑に回帰しました。落ち着いてデッキを見ると、コンボパーツがやたら目立ったので減らし切り詰め、まずは動かすことを目標に作っていきました。また、他の方のファッティデッキもみました。エネブーストは何枚なのか、フィニッシュカードは何枚なのか、どのカードがなんの仕事をしているのか割合を調べ参考にし作っていきました。


<基本はファッティ>

《スキップするフェアリー》
《大巨人ウートガルザ・ロキ》
《大陸アルドのノーム》
《 廃品造換装置》
《大地の緒》
《大地の搭》
《囚われの貴婦人》

《大巨人ユミル》


配色的にもファッティで作った方が早そうでした。また、無限コンボのギミックにおいて《バット》がリリース状態であることが好ましく、また7コストも使って出したくなかったので《ユミル》《緒》のコンボでリリースインさせます。比較的軽量ユニットが少ないので《ユミル》のコスト確保がやや難しいかなと思うのですが、わざと《スキップ》残したり、仕事の終わった《ブル・ショット》でもいいですし、なんなら《ダイダラ》でもいいわけで。やりようですね。ま、コンボ決まればゲーム終わるのでなんでもいいですね笑

エネブーストは最初《スキップ》のみでした。赤青緑ファッティが実質それくらいで回っていたのでいいかなぁと思ったのですが、ドローもないのできついこと判明。しゃあないので《廃品》をそっとフル投入。まぁ機能できれば強いですね。これと《スキップ》合わせて計6枚。あとは《緒》《塔》と擬似的なブーストとして運用していきます。

エネから出す方法としては、《ロキ》、《ノーム》、《貴婦人》あたり。まぁ鉄板かなぁと。
《ノーム》に関しては4枚目の《バット》として活躍してもらいます。《魔獣暴走》影響下にて、《塔》ラインに《ドラゾン》《プラチナ》《イーズギル》あたりを出し、それらをサクって《ノーム》リリースを繰り返すと、永遠と除去やスマ回復ができます。
また、エネに《ダイダラ》《バット》があるならば《ノーム》《ダイダラ》を出し《ダイダラ》サクって《ノーム》リリース、その後《バット》出し《ノーム》サクって《バット》リリースすれば無限ランデスが可能です。ま、万一エネにキーユニットが埋まったときでもスタートできるギミックとして欲しいかなと。《魔獣暴走》埋まったときはどうしよう笑


<コンボ決まるまでゆっくりしていってね!>

《ドラゴンゾンビ》

《ブル・ショット》
《プラチナドラゴン》
《ソーラービーム・サテライト》

《洞魔イーズ・ギル》


さて除去。構築が決まったところですぐさま無限できるわけではないので、コンボ決まるまで耐えなければなりません。環境的にやっかいなのは《Vガロン》《リムセ》サイクル。禁呪持ちの軽くてでかいユニットがうろうろされるので《追放》欲しいなぁと思ってもそんな枠はなく。なるべく2:1以上取れる除去を選びました。

《ブル・ショット》
は軽量除去と、おなじみ《サテライト》とのシナジーによるバトル除去。最初《シェカ》を入れていたのですが、《ダイダラ》を墓地に落とすのにも役立ちます。《魔獣暴走》影響下にて、《バット》から《ブル》蘇生,《ブル》破棄《バット》リリースを繰り返すことができるのでデッキにさえあれば落とせるはず!
《サテライト》
に関しては、比較的8コスト以上のユニットに頼っているので《TGF》対策ですねー
《ドラゾン》は耐性だろうとアンタッチャブルだろうと消し飛ばしてくれるにくいやつ。《プラチナ》は除去と言うよりも耐える方ですね。あと擬似ドロー。《イーズギル》は7コストで《TGF》にひっかからないため優秀な除去なんですが、ノーマルタイミングなのがつらい。が、《ノーム》から出せれば2体をエネ送りにできるのでいいかなと。まぁ、《ロキ》などを経由すればクイックでも出せましね。悪くないというとこと。《ドラゾン》にしろなんですが大きな除去は結構《ロキ》、《貴婦人》に頼ってるので、課題はウィニーよりのデッキをどうするかですねー


<最後に…>

デッキ構築の配色段階で迷走し回帰し。結果的には使えないデッキになってしまったのですが、なかなか楽しいです。 《メロー》などの弱点もありますし、速さに特化しているデッキにはどこまで通用するやらわかりませんが、煮詰めたくなるようなギミックですね笑
コンボパーツとして《ダイダラ》ではなく《ガールズ》などでハンデスもできますし、《ロキ》から大量にユニットを出すこともできますね。その場合は自軍が埋まってしまうので、《ラルゴ》と組み合わせたりしてさらにその《ラルゴ》をサクって… などなど、本当に色々できるなぁと思いました。


    19:15 | Top
 
 
カレンダー
 
 
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
プロフィール
 
 

未星 彦

Author:未星 彦
name:ひつじぼし ひこ
sex :♂
tcg :・ディメンション・ゼロ
    ・ラクエンロジック
    ・遊戯王
    ・ゼノカード

 
 
メールフォーム
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
デッキ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。