FC2ブログ
 
現在ハマってるTCGをあれこれ 

DM:V・鮫・Λ

はいどうもひつじです。今回はデッキ紹介です。
そうですヴァルディです。実はデュエマはじめたくらいからずっと使い続けてたデッキです。まあ復帰したのでせっかくだし強化していこうと思いました。


それでは採用カードについて書いていきたいと思いまーす。
※癖で文明を色で表現してます。一応念のため笑
 青→水文明
 黒→闇文明
 赤→火文明


<コンセプトと作戦プランB>
《永遠のジャック・ヴァルディ》
DM:赤黒:ヴァルディ

はい、コンセプトですね。赤黒青のいわゆる【ヴァルディビート】です。軽量多色クリーチャーを進化元に比較的早い段階からビートダウンができるデッキです。単色5以下と条件付ですがクロスギアも焼ける除去が搭載され、ブロッカーはもちろん相手のシステムクリーチャーも処理しつつ殴れるのが強み。スペックも4コスト,7000と、《ジャニット》や《ハンゾウ》の対象範囲外とNSでも処理されづらいのもうれしいところ。配色も青をナチュラルに絡められるので、ハンドを維持しながら展開できるので持続力もあります。

当時は速攻に近い動きもできたのですが、今は遠く及ばずですね苦笑 個人的には〔革命チェンジ〕がヤバいし、【轟轟轟】や【ジョーカーズ】かな。環境にあるデッキに速度ではまず勝てないでしょうね。なのでできる事を一つずつ。

『ハンド維持ができるビート』を根幹に、『マナ効率』を考えた速さと、『相手阻害』を火力に構築しました。


《超電磁コスモ・セブΛ》
DM:青:セブΛ

作戦プランBは【ラムダビート】です。これも出た時から《ヴァルディ》と相性が良いといわれてました。コンセプトの根幹である『ハンド維持できるビート』そのもので、Wブレイクしながらドローする美しい流れ。特にコントロールと対戦する時は重宝します。場合によりますけど、コントロール相手に3か4ターン目に《ヴァルディ》で殴ってもあまり旨みはありません。ハンドリカバリーしつつ殴れる安心感はハンパないです。
枚数に関しては4枚入れたいところなんですが、やはりコストが重いのと《ヴァルディ》よりも進化元が少ないので若干使いづらいかなぁ。


<マナは効率よく>

《熱湯グレンニャー》
DM:赤青:グレンニャー

《虹彩奪取 マインレイン》 《虹彩奪取 ブラッドギア》
DM:黒青:マイレイン DM:赤黒:ブラッドギア

《解体人形ジェニー》
DM:黒:ジェニー

《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》
DM:赤黒:Jアルカディアス

以前は《一徹のジャスパー》や《ボーンキラー》、《メルニア》、《パイロン》あたりを使ってました。あと《薔薇城》対策で《ハリセンモン》とか。ただ今使うかというと微妙。ちょっと物足りない。cipかシステムで欲しいところで採用したのが《グレンニャー》と《虹彩奪取》系でした。
《グレンニャー》はいわゆる多色の《クゥリャン》です。出たら1ドロー。シンプルイズベスト。2ターン目にドローしながら展開できる日が来るとは… 同じコストと配色で《ジャスパー》があります。実質アド的には似てるのですがマストアタックが大分きついです。いくらモヤシといえどこの環境かなりのデメリットです。すごく好きなカードなので悩みましたけどね笑

《虹彩奪取》系は、その配色と同じ色であるクリーチャーのプレイコストを1少なくします。《ヴァルディ》とはものすごく相性良く、進化元にもなりますし最速3ターン目召喚も可能です。おししいかどうかは置いといて笑 ただ、注意点はそのターンはじめのクリーチャーにしか軽減が適用されない事です。つまり5マナある時に、《虹彩奪取》含め進化速攻《ジャックヴァルディ》とはいえないのです。
2種6枚採用でその配分についてなんですが、軽減したい筆頭が《ラムダ》である事が理由です。前述で3ターン目《ヴァルディ》召喚可能と書きましたが、基本まったくおいしくないです笑 進化しちゃったら軽減できなくなりますからね。であるならば、このデッキでは重い《ラムダ》のテンポを速めた方がお得。

2ターン目 《マインレイン》
3ターン目 《グレンニャー》
4ターン目 《ラムダ》

一例ですがこの流れであれば《グレンニャー》を進化元に4ターン目召喚が可能です。ハンド的にハンパない潤い感がある流れ。

《虹彩奪取》採用による相乗効果でうまみがでてきたのが《ジェニー》です。《虹彩奪取》は計6枚採用しどちらも黒軽減があるので、3ターン目《ジェニー》ができます。【ヴァルディ】の流れといえば、2ターン目多色クリーチャーからの3ターン目《クゥリャン》が王道。でも同じ1枚ハンド差つけるのであれば、ランダム1ドローよりピーピングハンデスのが強ない?という発想です。コントロールはもちろんコンボの阻害と次ターン以降のプランも立てやすくなります。

あと多色トリガークリーチャーの《J・アルカディアス》。最初構築した時トリガーが《サーファー》しかいなかったので調度よかったです笑 能力がトリガー他に4以下カード除去とスレイヤーまで付いて、もうてんこ盛りって感じ笑 多色なので《ヴァルディ》の進化元にもなるので採用しない理由がないですね。
除去は4以下と《ヴァルディ》より1つ範囲が狭いですが《虹彩奪取》から3ターン目召喚もできますし、また、「カード」が対象なのでクリーチャーだけでなく、クロスギアはもちろんD2フィールドなどバトルゾーンにあるカードを処理できます。ただし、進化クリーチャーに関しては、進化元か進化先を選択する必要があるようです。(参照:DMwiki様 カード指定除去)


<色々対策>
《ZEROの侵略 ブラックアウト》  《早撃人形マグナム》
DM:黒:ブラックアウト  DM:赤:早撃

裏口対策にlこの2種。《ブラックアウト》は相手依存なので、腐るかなぁと思ってましたが、今時裏口使わないデッキってほとんど無いですよね。個人的天敵の革命チェンジはもちろん、Jチェンジなどもトリガーするので使うタイミングは結構あります。そのままだとWブレイカーだけの準バニラなんですけど、D2フィールドがあればアタックトリガーで除去もできるので殴り返し兼で対速攻系に期待できます。

そんな《ブラックアウト》はSトリにはまったくの無力なので、これまた個人的天敵の《天門》あたりを止めるには《早撃人形》が良い仕事をしてくれるでしょう。また、なんでかスピードアタッカーも付いているので、アタッカーとしても優秀。


《ユニバーサル・鮫・アンドシー》  《ゲキトツ汽車 アイアン/ポットショット》
DM:青:U鮫S   DM:赤:ゲキトツ

ビートの基本的な(?)天敵といえばブロッカー。前述しましたが《天門》には散々苦労したので、ブロッカー対策は欠かせません。

まずは《鮫》。D2フィールドで自分のクリーチャー全部がアンブロッカブル
になります。2コスト常在でアンブロッカブルとは… もう対ブロッカーはこれでいいじゃんレベル。しかもD2フィールドなので、《ブラックアウト》とのシナジーもあり、入れない理由が原子レベルで消滅しました。

《ゲキトツ》はこれは個人的好みなんです。というのも《ロウバンレイ》というのがあってな。これがまあ強かったわけですよ。《ゲキトツ》はツインパクトである事、パワーも5000と結構なサイズ感からすると完全上位に見えますが、《ロウバンレイ》はティラノドレイクかブレイブスピリットが攻撃するたびにブロッカーを破壊できるので相互互換。当時は《パイロン》を入れる理由にもなってました。スピードアタッカーという即効性もありますし、この思い出が強烈過ぎて補正採用笑。なのでまあ自由枠であります。


<採用候補>

《夜露死苦 キャロル》
DM:赤青:キャロル

マナに赤と青があればどこからでも墓地に置かれると、ハンドに戻るモヤシの究極系。一番おいしいのが《ラムダ》です。メテオバーンで墓地に置いて3ドロー。このとき、墓地に置かれる代わりに《キャロル》の効果でハンドに戻るというわけですね。また、《ラムダ》が維持できれば、次ターンにメテオバーンコストにできるので爆アド。
そんなアドの塊である《キャロル》を、なぜ採用しなかったか。正直そんな暇ないです。散々言ってますが、革命チェンジ他【ヴァルディ】より速いデッキがゴロゴロあるのでそれどころじゃないです。まあ、良いカードであり能力なので、違うデッキでの活躍に期待。


《電脳悪夢ルカスレイ》
DM:黒青:ルカスレイ

多色であり3コスト1ドロー持ち。パワーは《クゥリャン》より低いですが、スレイヤーもあったりと能力の大盛感。序盤には良さそうなんですけど、《ラムダ》の進化元にできないのが結構大きかったです。ターン数的に《ラムダ》を考えた動きもできるため、その流れではノイズ。という事で採用を見送りました。《グレンニャー》から《ルカスレイ》とドロー加速も良いけど… んー…


《禁断(ブイ) モードス》
DM:黒:モードス

cipとアタックトリガーで3以下リアニする5コスト。能力はかなり強い方だと思います。が、これもやっぱり悠長かなぁ。このデッキに限りですが、《モードス》が活躍できてる盤面は、もう負けてそう。


《龍覇ストラス・アイラ》
DM:赤:ストラス・アイラ

《無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍オウギンガ・ゼロ》
DM:赤:無敵剣  DM:赤:無敵剣 02

今の所《ゲキトツ》枠候補です。4コストクリーチャーで2コストドラグハートを呼び出す《ストラスアイラ》。2コストはウェポンだけですが、結構種類あります。なんですが、大体《無敵剣》を出します。《無敵剣》は装備クリーチャーが除去されそうになると、龍解するドラグハートウェポンなので、一回は除去耐性として使えてよいです。もう一つ目的があって、ドラグハートウェポンを装備しているクリーチャーを進化元にすると、そのままウェポンが引き継がれるようなんで、そう《ラムダ》進化すると維持しやすくなるというね。


<最後に…>
《ヴァルディ》デッキ強化しようと思ったらば、革命チェンジの存在に衝撃。速さ勝負ではまず勝てない。であるならばメタビート要素をふんだんに構築しようと開き直ったら、なかなか面白く作れました。若干自由枠もあるので、遊びつつ強化できたらいいなぁと思います。


 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
Trackback
 
 
http://fudaduke.blog77.fc2.com/tb.php/733-0f6fa95b
 
 
カレンダー
 
 
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
 
プロフィール
 
 

未星 彦

Author:未星 彦
name:ひつじぼし ひこ
sex :♂
tcg :・ディメンション・ゼロ
    ・ラクエンロジック
    ・デュエルマスターズ
    ・遊戯王
    ・ゼノカード

 
 
メールフォーム
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
デッキ
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
FC2カウンター